商品についてのご相談はお気軽にお問い合わせください

メールでのお問い合わせ 0120-16-9667

平日9:00から17:30まで

株式会社システムハウスR&C

システムハウスR&Cは皆様の身近で様々な活動をしています。

被災者のための応急仮設住宅の供給や地域や地球環境に配慮した様々な活動を通じて、皆様のお力になっております。

熊本・東北での社会貢献活動について

2011年3月11日に発生した東日本大震災では多くの方々が被災されました。
私たちシステムハウスR&Cは、東北地方の一日も早い復興を願い「がんばろう東北!」を
合言葉に3,744戸の応急仮設住宅建設に取り組んでまいりました。
また、2016年4月14日に発生した熊本地震では、606戸の応急仮設住宅を建設し、
被災者様の生活環境確保のご支援をさせていただきました。

応急仮設住宅/熊本:606戸・岩手:594戸・宮城:1,921戸・福島:1,229戸

―熊本―

熊本では仮設商店街の建設も行いました。現在飲食店や理容店などの企業が入居し、順次営業を再開しております。

熊本県益城町の仮設商店街
店舗は当社の新商品FLEX-αにて建設しています。

―東北―

震災から2年、小学校の教室を間借りしていたこの二つの保育所に、子供たちの体の大きさにあった設備や、離乳食が作れる給食室を備えた仮設保育所をコマツより無償貸与し、大変喜んでいただきました。

宮城県岩沼市東保育所
岩手県大槌町安渡保育所
石巻市民病院の仮診療所写真
仮設住宅団地内に建設した石巻市民病院の仮診療所。コマツから寄贈されたこの建物は仮診療所としての役目を終えたら、公園の管理事務所として利用される予定となっています。
大槌中学校の多目的教室写真
岩手県大槌町にある大槌中学校の多目的教室。
1Fには柔道場、2Fにはブラスバンドの練習等ができるスペースがあり、部活に打ち込める環境が整いました。
草野幼稚園、飯樋幼稚園写真
避難先である福島市内に建設された飯館村/草野幼稚園、飯樋幼稚園、2つの幼稚園の合同仮設園舎です。園舎からは子供たちの元気な声が聞こえてきます。
女川町診療所内の歯科医院写真
女川町の診療所写真
津波被害の大きかった宮城県の女川町。
高台にある町立病院に建てられた診療所。
中には歯科医院などが入っています。
日本赤十字の仮設診療所写真
震災後まもなく釜石市に建てられた日本赤十字の仮設診療所。
たくさんの被災者の方がに訪れました。
宮城県石巻市雄勝町の診療所写真
宮城県石巻市雄勝町の診療所
仮設郵便局写真
津波で流されてしまったり、地震で倒壊してしまった日本郵政の郵便局を、仮設郵便局として22軒建設しました。
富岡町と川内村の災害対策本部写真
原発事故で避難を余儀なくされた福島県の富岡町と川内村の災害対策本部。避難所となっていた郡山市の多目的ホールの敷地内に建てられました。

過去の社会貢献活動

柏崎市立半田保育園(新潟県中越沖地震)

女川町の診療所写真
新潟県中越沖地震によって半壊した柏崎市立半田保育園の仮設園舎を施工しました。仮設園舎はコマツグループより無償貸与され、保育園に子供達の元気な声が戻ってきました。

心のケアハウス(能登半島地震)

日本赤十字の仮設診療所写真
能登半島地震で被災された方々の憩いの場、あるいはボランティアの活動拠点としてコマツより石川県輪島市穴水町へ無償貸与されました。
高齢者に配慮し、肢体不自由者用トイレ、IHクッキングヒーター等を使用しました。
今後は料理教室や健康診断を実施したり、様々な活用が見込まれています。

山古志村診療所(新潟県中越地震)

宮城県石巻市雄勝町の診療所写真
新潟中越地震で被災した山古志村村民が入居する長岡市陽光台の仮設住宅敷地内に、診療所を建設しました。この診療所はコマツから無償貸与したものです。

新城市へ桜の苗木を寄贈

仮設郵便局写真
当社が工場を構える愛知県新城市は2005年に広域合併を行います。この度当社の創立35周年を記念するとともに、新しく生まれ変わる新城市を祝して、市の花である桜の苗木を200本寄贈しました。
この苗木は林道・舟着山線(市川~吉川間約6キロ)の沿線に植樹される予定です。
※写真は新城市桜淵公園の桜の写真です。