当社について

トップ会社を知る > 当社について

さらにひとつ上の価値を
提供する企業であり続ける

2019年、弊社は50周年を迎えます。1961年5月より小松製作所グループにてプレハブハウスの製造・販売を開始したのが始まりです。

1969年10月には小松ハウス株式会社を設立し、主に軽量(中量)鉄骨規格ハウス(プレハブハウス)を用いた業務用建物(コンビニエンスストア・事務所・保育園・倉庫など)の建築事業をはじめ、大型建設現場の仮設事務所・仮設施設のレンタル事業、総合建築工事(特注物件)の設計・施工・請負などを展開。

2011年に発生した東日本大震災、2016年に発生した熊本震災などの際には、機能性の高い弊社のプレハブハウスを応急仮設住宅として供給した他、コマツの無償支援への協力として診療所・保育所などの建設を行うことで社会貢献にも努めてきました。

そして、2016年4月、日成ビルド工業株式会社グループへの合流。商号を株式会社システムハウスR&Cに変更した現在も、繰り返し何度も使えるというエコロジーな特性や工場生産品であることから工期が短く、低コストであることが魅力のプレハブハウスは、幅広い分野のお客様にお選びいただいています。

カタチに灯を。

私たちはこれからも、「カタチに灯を。」をコンセプトワードに、常にチャレンジしながらプレハブハウスの新しい可能性をカタチにするのはもちろん、それらに“灯”を吹き込み、さらにひとつ上の価値を提供する企業であり続けます。

部門紹介

部門紹介

ページトップ