人を知る

一人でも多くのお客様に、
ファンになっていただくために。

大内 雄介 Ouchi Yusuke

東日本営業本部 東京支店 横浜営業所 営業課
2010年4月入社 新卒採用

トップ人を知る > 大内 雄介

入社から現在までを振り返ってみて、
一番うれしかったことは?

私が横浜に着任以来お世話になってきたお客様のご担当者様が横浜から東京へ異動になったにも関わらず、以前と変わらずに引き合いをいただけたことですね。時間はかかりましたが無事受注でき、自信につながりました。引き渡しが完了した現在も懇意にしていただき、継続して良好な関係を築けるお客様を得ることができたのが、一番嬉しいです。

入社時から自分のどんなところが成長したと思うか?

入社2年目の春に改修工事の現場で、お客様から変更要望がある度によく理解しないまま現場へ変更を伝えてしまっていたせいで現場が混乱し、お客様にも協力会社の方にも大変な迷惑をかけてしまいました。それからは、要点をしっかり掴み、わかりやすく丁寧に内容を伝えることを心がけることで、伝達漏れや打ち合わせ不足によるロスは減りました。周囲から「仕事が進めやすくなった」と言われた時には、自身の成長を感じました。

仕事をする上でどんなところに
やりがいや難しさを感じるか?

プレハブメーカー各社、商品の性能や品質を競い合うのは勿論、価格競争になる場合もあります。そうしたなかで他社との差別化を図るためにも、迅速かつ丁寧な対応を心掛けています。そういったソフト面でもファンになっていただき、引き合いに繋げていけるかが、難しくもあり、やりがいを感じるところでもあります。

これまで、この仕事を続けてこられた理由は?

まだ新人の頃、現場でミスが続いてお客様を怒らせてしまったことがあるんです。その時、上司や先輩が親身になって夜遅くまで付き合ってくれました。また、職人さんも建築の知識が浅い私を補うためにお客様に不足していた部分の説明をしてくださったりと、社内外問わずたくさんの方々のサポートがあって、今も続けていられると思います。

これから仕事の上でチャレンジしたいことは?

地道に営業を続け、継続的にお客様から仕事をいただけるような関係性を作り上げていきたいですね。信頼を勝ち取るためにも、やはり建築に関する資格を更に取得したり、知識をもっともっと身に付けなければいけないと思います。

とある1日のスケジュール

  • 09:00

    直行し、市役所にて入札のための予算取りの打ち合わせ
  • 10:30

    入札準備のため、現地調査へ
  • 12:00

    会社の上司や先輩と昼食
  • 13:00

    設計同行営業へ。
    客先の設計・積算担当者と打ち合わせ
  • 15:30

    進捗と安全確認のために改修工事中の現場へ
  • 18:00

    帰社後、メールチェックと依頼書等の作成
  • 19:00

    帰宅

Private プライベート

子供たちとのふれあいの写真

子どもたちとのふれあいが癒し

最近は、長男と公園で遊んだり、生まれたばかりの長女と触れ合うのが一番の癒しに。また、ゴルフや読書なども良い気分転換になっている。

ページトップ